低コストで高機能なECサイト作成サービスは? 2021年のお勧め4選

Web制作 |

ECサイトを制作する場合、スクラッチで開発することは稀で、ほとんどの場合ASPやオープンソースのシステムを使うことになります。次々と新しいECサイト作成サービスが登場していますが、費用がかからず使い勝手のいいカートはどれでしょうか。

今回は小規模〜中規模のサイト向けかつ、低コストで運用できるサービスをまとめました。

何が良いかは個々の状況によって違うので一概には言えませんが、特にお勧めできる4つをピックアップしました。

この記事では主に以下のポイントで比較しています。

  • 費用
  • コーディング知識が必要か
  • HTML/CSS編集
  • ローカル環境で構築可能か
  • デザインのカスタマイズ性
  • システムのカスタマイズ性
  • 多言語対応の可否

比較したECサービス

shopify

世界175か国で使われているサービスです。コーディング不要で簡単に作成できます。多言語サイトにも対応しており、複数の言語で販売できます。

HTML/CSSのフルカスタマイズが可能なので、デザインの自由度が高く、ネットショップ以外のページを追加したり、ブログ機能を付けたりもできます。APIなど、開発者向け機能も豊富です。

初期費用は0円。月額費用は$29~と、決して高くありません。

https://www.shopify.jp/

  • 費用…月$29~
  • コーディング知識が必要か…不要
  • HTML/CSS編集…可能
  • ローカル環境で構築可能か…可能
  • デザインのカスタマイズ性…高い
  • システムのカスタマイズ性…普通
  • 多言語対応の可否…可能

WooCommerce

WooCommerceはASPではなくオープンソースのカートシステムで、世界で最も使われています。WordPressのプラグインなので、WordPressの導入が前提です。

完全無料で使えて、カスタマイズ性も高いです。他の無料ASPは、無料プランでは商品販売数や機能に制限がありますが、WooCommerceはそうした制限がなく、全ての機能が無料です。

多言語対応のECサイトも可能です。

WordPress自体の自由度がかなり高いので、こんなこともできます。

  • コーポレートサイトにショッピング機能をつける
  • 個々の商品ページをランディングーページのようにリッチにする
  • オウンドメディアとECサイトを融合させる
  • ミニゲームや診断など、独自のコンテンツを作る

プラグイン自体はコーディングなしで導入できますが、WordPressの設定の知識が必要になります。自力で導入するにはややハードルが高いです。

デメリットとしては、WordPressの機能がベースになっているため、大規模なサイトになると管理画面が煩雑になったり重くなったりするところでしょうか。そのため、商品数が多い大規模なショップではお勧めしません。

  • 費用…完全無料
  • コーディング知識が必要か…不要
  • HTML/CSS編集…可能
  • ローカル環境で構築可能か…可能
  • デザインのカスタマイズ性…高い
  • システムのカスタマイズ性…普通
  • 多言語対応の可否…可能

BASE

BASEは人気の高いECサイト作成サービスの一つです。初期費用、月額費用が無料という点が特徴です。

テンプレートがあらかじめ用意されており、Web上で項目を入力していくだけで簡単にショップが作れるので、ECサイト作成のハードルが非常に低いです。

あくまでネットショップの作成に特化したASPのため自由度は低く、サイトに様々なコンテンツを追加したい方には物足りないと感じるかもしれません。

  • 費用…無料から
    • システム利用料3%、決済手数料3.3%+¥40
  • コーディング知識が必要か…不要
  • HTML/CSS編集…独自のアプリ上で編集可能
  • ローカル環境で構築可能か…不可
  • デザインのカスタマイズ性…普通
  • システムのカスタマイズ性…できない
  • 多言語対応の可否…日本語と英語のみ

STORES

こちらも無料で使えるASPで、仕組みもBASEと似ています。

簡単にネットショップ開設できますが、カスタマイズ性は低いです。

STORESとBASE、どちらがいいかは好みの問題かもしれません。

https://stores.jp/

  • 費用…無料から
    • 決済手数料5%
  • コーディング知識が必要か…不要
  • HTML/CSS編集…不可
  • ローカル環境で構築可能か…不可
  • デザインのカスタマイズ性…低い
  • システムのカスタマイズ性…できない
  • 多言語対応の可否…日本語と英語のみ

お勧めはshopifyかWooCommerce

低コストでECサイトを運営するなら、shopifyかWooCommerceをお勧めします。理由は機能の豊富さとカスタマイズ性の高さです。BASEやSTORESは作成も運用も簡単ですが、自由なサイト設計をするには物足りなさを感じるでしょう。

ネットショップを開設しただけでは当然お客さんは来ないので、別途集客する必要があります。すでにブランドの知名度があったり一定の見込み顧客がいる場合は別ですが、集客のためECサイトにオウンドメディアや特設ページなど、他のコンテンツを追加したい時がいずれ来ます。

コーポレートサイトとショッピングページを融合させるのもよくあるECサイトの形態の一つですが、そのようなケースもWooCommerceなら問題ありません。

ECシステムを選ぶ基準は、大雑把にこんな感じになります↓

越境ECである

shopifyかWooCommerce

商品数が数百件以上ある

shopify

ネットショップ以外のコンテンツが多い

WooCommerce

個人で手軽に始めたい

BASEかSTORES

おわりに

もちろん、ECサイト制作の選択肢は他にもまだまだあります。サイトの規模、売上、目的、予算などによっては他のサービスをお勧めする場合もあります。


執筆者

Yulius

ホームページ制作、多言語サイト制作のご依頼を承っています。お気軽にご相談ください。

お見積もりご依頼