Unity Light 2Dの初期設定方法

ゲーム開発 |

Unityでは、2Dでも柔軟な照明の設定をして、奥行きや臨場感を表現できます。

例えば、「主人公に懐中電灯を持たせ、その周りだけ明るくする」「同じシーンで昼と夜を簡単に切り替える」、などの演出ができます。

Light Editing Mode

ただし現時点ではデフォルトではこの照明が使えないため、使用するためには初期設定が必要です。

このマニュアルを参考にして解説します。

今回の例は、Unity 2020.3.13を使用しています。

Step 1

Unityのプロジェクトを作成したらWindow>Package Managerを開き、Unity Registryを選びます。

「Universal RP」を見つけてInstallをクリック。そのままインストール及びインポートします。

Step 2

上メニューから

Assets>Create > Rendering > Universal Render Pipeline > Pipeline Asset

を選んで、Pipeline Assetを作る。

同じくAssets>Create > Rendering > Universal Render Pipeline > 2D Renderer

で2D Rendererを作る。

作成するとプロジェクトウィンドウに、このように表示されます。

Step 3

UniversalRenderPipelineAsset を選択。

インスペクターウィンドウで、先ほど作った2D Rendererをここにドラッグ&ドロップ。

Step 4

Edit > Project Settings の Graphics メニューを開く。

Scriptable Render Pipeline Settings に、先ほど作ったUniversalRenderPipelineAsset をセットする。

おわりに

初期設定は以上です。

ヒエラルキーウィンドウで新しいオブジェクトの作成ボタン+をクリックし、Light>2Dメニューで各種 Light 2Dが選択できるようになっていれば、上手くいっています。

どんな光の演出をするかは、あなた次第!

実際の使い方は、この日本語の公式動画が分かりやすいです。


この記事もおすすめ

執筆者

Yulius

ゲームの翻訳を承っています。お気軽にご相談ください。 パブリッシング、その他ゲーム開発についての相談もまずはご連絡ください。

お問い合わせ