ゲームクリエイター向けに無料でローカリゼーションを行う LocaGames のサービス概要を初公開

プレスリリース |

クリエイターの出費ゼロでゲームをローカライズするインディーゲームマーケットプレイス LocaGames が、Kickstarterでクラウドファンディングキャンペーンを開始

アドベンチャーズ株式会社(所在地: 東京都港区、代表取締役: 玉井友里)は2021年2月17日、インディーゲームマーケットプレイス LocaGames の情報を初めて公開しました。本日Kickstarterでクラウドファンディングを開始します。

LocaGames はグローバルなインディーズゲーム販売プラットフォームです。ゲームクリエイターは自分の作品を自由に販売できます。掲載にあたって初期費用、月額利用料は一切ありません。大きな特徴として、LocaGames はインディーズゲームをクリエイターの負担無しで翻訳します。運営の費用負担でローカライズし、海外ユーザーに供給します。売り上げの一部がプラットフォーム手数料となります。

対応言語は日本語、英語からスタートし、将来的に中国語、スペイン語、フランス語、ロシア語等へ広げる予定です。

インディーズゲーム作品は商業ゲームと異なり、海外展開されることは多くありません。理由はいくつか考えられます。

  • ローカライズ費用は高額のため、翻訳エージェンシーへ依頼するには心理的・金銭的な負担が大きい。
  • ローカライズしたとしても、外国語でのマーケティングやサポート対応を自ら行う必要があり、ノウハウが無ければ難しい。
  • インディーズ作品は趣味という位置付けで、販売して収益を得る仕組みが乏しい。
  • クリエイターは開発者であり、マーケターやPRパーソンではない。

本サービスは、ゲームクリエイターが作品から十分な収益を得られるようにすることを目標としています。LocaGames がローカライズ・PRの費用と手間を負担することで、クリエイターに負担をかけることなく作品を広め、収益を得るサポートをします。

クリエイターが公式契約作品の審査に通過すると、無償でローカリゼーションと次のサポートが受けられます。

  • プロモーション代行
  • 他プラットフォームへの掲載代行
  • 多言語サポート

LocaGames はKickstarterにて先行者価格で事前提供中です。詳細はKickstarterへアクセスください( https://www.kickstarter.com/projects/locagames/localized-game-marketplace-from-japan )。

アドベンチャーズ株式会社について: 2020年11月に設立された、東京を拠点とするスタートアップです。「クリエイターが国境を超えて活躍できる世界を作る」ことをミッションとしています。

LocaGames: https://loca.games

クラウドファンディングページ: https://www.kickstarter.com/projects/locagames/localized-game-marketplace-from-japan


お見積もりご依頼